エネルギー問題への寄与

海洋温度差発電を建設できる国は、100カ国以上にも及びます。その発電量は一兆kWと見積もられています。 また、海洋温度差発電では発電のほかにも海水から得た真水と電力を用いて水素を発生させることができます。 深層海水にはウランやリチウムが含まれ、これも有用なエネルギー源となります。

next -->