海洋温度差発電の複合利用
リチウムを採る

冷海水(深層海水)にはリチウムが含まれています。
このリチウムを採取し、リチウム電池などのエネルギー源として利用することができます。 現在、リチウムは陸上のリチウム鉱石(シリア輝石)から採取されていますが、リチウムイオン電池の急激な増産によって、その資源の枯渇が問題となっています。
このような点からも、海洋温度差発電複合システムによるリチウムの採取は注目を集めています。

インテグレード海洋温度差発電複合プラント(I-OTECS)
<-- back next -->